カテゴリ
雑誌
最新情報
  検索 
練習器具 > パット練習 > PUTTING PLATE & CHIP

 商品詳細/PUTTING PLATE & CHIP

芯を喰えば小さい振り幅で強く打てる!

江連忠プロ監修「PUTTING PLATE & CHIP(パッティング プレート& チップ)」

「芯で打つ重要性をわかってほしい」(江連プロ)
タイガーのパッティングはドキッとするくらい強く打つイメージがありませんか?
振り幅が小さいから強く打てるわけですが、振り幅を小さくできるのは芯で打てているからなんです。芯で打てれば直進性が高くなり、芝目に影響されずに転がってくれるから真っすぐ狙っていけます。 転がりがいいから距離感も出しやすい。パッティングが上手くなりたかったら、芯で打つことが必須なんです。
芯で打つためにはお尻の位置が高い構えをして、ストローク中に頭を動かさないこと。トッププロは頭どころか眼球も動かさないものですが、みなさんはまず頭を微動だにさせないことを目指してください。 そしてハンドファーストに打てるようになったら、芯に当たる確率がグッと上がりますよ。

芯で打つことがパット名人への第一歩だ


「当たる面積狭っ!」あなたは芯で打てていますか?

「僕が考えた芯で打つための練習法やってみて!」(江連プロ)
アマチュアは芯で打てていないことをわかっていない人が多い。自分がいかに芯を外しているか知るためにも、こういう器具を使って練習することが大切だ!
◆芯で打つ【ポイント1】
お尻の位置を高く構える


ひざを曲げすぎてお尻の下がった構えの人が多い。ひざは曲げるというよりも緩める程度で、お尻を高く構えること
◆芯で打つ【ポイント2】
頭の位置は微動だにしない


自分では動いていないつもりでも、頭が左右にブレている可能性が高い。タイガーみたいに頭は1mmも動かさないつもりで打つことが大事
◆芯で打つ【ポイント3】
インパクトは絶対にハンドファースト


パットが苦手なアマチュアはほとんどの人がハンドファーストで打てていない。シャフトを左に傾けて構えたら、右手首の角度を変えずに打つこと

江連忠が監修 芯で打つための画期的な練習グッズ




真っすぐなストロークが身につく「パッティングプレート」も同時に使うと、ショートパットの入る確率がグンと上がる。

詳細情報

  • 商品名:PUTTING PLATE & CHIP(パッティング & チップ)
  • 価格:10800円(税込)
  • 送料:600円(税込)
  • 【注意】CHIPは磁石のため、アルミ製など磁石が付かない素材のパターには使用できません

磁石で出来ているため、ステンレス製のヘッドであれば、装着できる。

PUTTING PLATE & CHIP

10,800

数量

この商品を買った方へおすすめの商品

最近チェックした商品