検索 
本・DVD > 書籍 > 10本で握る〜テンフィンガースウィング

 商品詳細/10本で握る〜テンフィンガースウィング

10本で握る〜テンフィンガースウィング

【著者】
篠塚武久
【発売】
2018年11月1日
【判型】
A5判
【頁数】
160ページ
【ISBN】
978-4-7728-4180-1

1,080

数量

内容紹介

時松隆光プロはじめ、トッププレーヤーが続々実践。
ゴルフが簡単になる振り方です!

世界の5000万人を超えるゴルファーが、右利きにもかかわらず、左手リードで打つことを常識をしている。
しかし、右利きなら、右手で飛ばす。これこそがシンプルで体にやさしい振り方であり、遠くへ正確に飛ばせるスウィングなのではないだろうか。

そんな疑問に力強い答えを出している人物がいる。福岡市で「桜美ゴルフハウス」を主宰し、“桜美式”「OSゴルフ理論」を提唱する篠塚武久氏だ。
その理論の大きな特徴は「テンフィンガーで握る」こと。両手の指を重ねたりからめたりせず、左手親指も立てない。
野球のバットグリップのような握りにすることで、利き手である右手が積極的に使え、さらに腕や腰はねじらなくともよいなど、シンプルなスウィングになって「ゴルフが簡単になる」のだという。

この既成概念にとらわれない新機軸の理論を学んだ時松隆光プロが2016年にツアー初優勝、続く17年、18年にも1勝して活躍が続いている。さらにアマチュアを含む多くの選手がテンフィンガーで競技実績を挙げている。

本書では、桜美式の根幹であるテンフィンガーグリップの真髄とスウィングを詳しく解説。さらにアプローチ、パッティングにいたるまで、“桜美式ゴルフ”レッスンをふんだんに収録している。
さあ、あなたもこれまでの“常識”は捨てて、テンフィンガーに変えてみよう!

目次

プロローグ
・ゴルフを簡単にするにはどうすればいいか?
・これがテンフィンガーグリップだ
・ショットもパットも「ヘッドが走る」
・テンフィンガースウィングと今までのスウィング   ほか
1章 ゴルフの常識を手放す!…テンフィンガーがゴルフにいい理由
・右手主導だから利き手が生きる
・[手のひら]の力は強い! だからゴールを遠くへ飛ばせる
・手首を返さなくてもヘッドが走る
・体をねじらないからスウィングがシンプルになる   ほか
2章 右手主導の握り方…テンフィンガーでアドレスする
・生命線にグリップを当てて握る
・親指は入れない、シャフトだけ握る
・グリップありきでセットアップする   ほか
3章 ゴルフは打つんじゃない…刀で切るようにクラブを握る
・グリップは左手からではなく右手から握ること
・右手のひらが上を向くと足の裏が使える
・利き手リードが上達する練習法
・スウィングリズムが良ければショットの再現性が高まる   ほか
4章 ショートゲームも10本指…アプローチもパッティングも簡単
・よく入る、釣り鐘式の「ライジングパット」
・パットが入る理由はボールの転がりがよくなるから
・45度のクラブで転がして寄せる
・右手重視だから“上げるショット”も打てる
・スプリットハンドはドリルにも実戦にも効果的
・バンカーショットも“刀イメージ”で   ほか
テンフィンガーに変えて成功したゴルファーたち
【あとがき】10フィンガーの「桜美式」はいつまでも進化し続ける

著者プロフィール

篠塚武久(しのづか・たけひさ)

福岡県出身。1945年生まれ。福岡市で「桜美ゴルフハウス」を主宰。福岡大学の大石迪夫(おおいしみちお)教授と作り上げた“桜美式”「OSゴルフ理論」で、時松隆光プロなど、日本で活躍するトップゴルファーを多数輩出。篠塚本人も日本オープン4回出場なだ、トップアマとしての実績も多い。工学部出身の知識を生かし、“伝える道具”づくりが得意。週刊ゴルフダイジェストで「みんなの桜美式」を連載中。2018レッスン・オブ・ザ・イヤー受賞。

詳細情報

タイトル/10本で握る テンフィンガースウィング
著者/篠塚武久
発売日/2018年11月1日
判型/A5判
ページ数/160ページ
定価/本体1000円+税
ISBNコード/978-4-7728-4180-1

■送料:600円(税込)
※代金引換でご注文の場合は別途、代引手数料324円(税込)をご負担ください。
※複数商品ご注文の場合の送料についてはコチラをご参照ください。

ネット書店のご案内

ゴルフダイジェストの書籍はamazon、楽天ブックス、hontoなどの各ネット書店でもご購入できます ⇒こちら

最近チェックした商品

あなたにおすすめの商品