カテゴリ
雑誌
最新情報
  検索 
本・DVD > コミック > 「オーイ!とんぼ」第1〜20巻

 商品詳細/「オーイ!とんぼ」第1〜20巻

「オーイ!とんぼ」第1〜20巻

ご希望の巻
数量

最新「第20巻」は11/1発売予定です。発売までの20巻を含むご注文ぶんはすべて11/1以降の発送となります。

内容紹介

大人気シリーズ最新巻

「週刊ゴルフダイジェスト」で好評連載。好評発売中!
第20巻 11月1日発売!

過去を捨てたプロゴルファーが“最後の秘境”トカラ列島で出会った一人の島っ子。
その少女は、とんでもないゴルフの才能を持っていた!
この出会いをきっかけに、二人の運命が大きく変わっていく……。
「週刊ゴルフダイジェスト」2014年8月の連載開始より大きな反響を呼び、
同誌の看板連載としてますます絶好調。
ゴルフをする人はもちろん、ゴルフをしない人も読めば必ずハマる!
これまでになかったゴルフ漫画です!

各巻案内

【第20巻】とんぼ、怒涛の巻き返しで上位へ!
「日本女子アマ」に参戦するとんぼは、同組の鳴寂の攻撃的パワーゴルフ、そしてライバルたちの活躍にも押されたことで流れが悪くなり、盟友・つぶらと競うどころか、カットラインも気になるような順位で初日を終えた。しかしその後、五十嵐や鳴寂との練習で新たな“コツ”をつかみつつ、鳴寂との語らいで互いに打ち解け合う。2日目には敏腕ハウスキャディの的確なアドバイスもあって徐々に本来の力を発揮、鳴寂と共に順位を上げるのだった。そうして迎えた3日目、今度は新たなライバルがとんぼの前に立ちはだかり……。
【第1巻】
スネに傷を持つ元プロゴルファーの五十嵐は、日本最後の秘境・トカラ列島に移り住み、天真爛漫な女の子、とんぼと出会う。とんぼが垣間見せる天才的なゴルフの才能に驚愕する五十嵐は、とんぼが3番アイアンしか使わないことに疑問を持つ。そこに秘められたとんぼの辛く悲しい過去が明らかに…。
新時代のゴルフ浪漫の幕開け!
【第2巻】
父親が遺してくれた3番アイアン以外のクラブを使うことを強く拒んでいたとんぼが、五十嵐の勧めでウェッジを初めて使うことに。みるみるうちに上達し、次第に自由自在にウェッジを操るようになるとんぼだが、五十嵐はとんぼのゴルフにどこか違和感を感じるようになる。五十嵐の違和感の正体とは何なのか?
【第3巻】
島の外に出るのを強く拒むとんぼに、なんとかして外の世界を見せてあげたいと願う五十嵐。そんな五十嵐がとんぼに刺激を与えるために連れてきたのは、洋子の姪っ子で九州ジュニアチャンプの安谷屋つぶら。自分と正反対のゴルフをするつぶらを見て、とんぼが感じたこととは……。「週刊ゴルフダイジェスト」大人気連載の最新巻!いま、物語が大きく動き始める。
【第4巻】
島の外の世界を恐れ、島を出ることを頑なに拒否するとんぼに刺激を与えるため五十嵐は、洋子の姪「つぶら」を島に招く。初対面ながら意気投合した2人はさっそく島のゴルフ場を回ることに。
九州ジュニア優勝の実力を持つつぶらとのラウンドで、とんぼが得たものとは……。
【第5巻】
つぶらから贈られた5番ウッドによって、様々な新しいゴルフの“技”を学んでいくとんぼ。そんな中、五十嵐は偶然に島のゴルフコースの「設計図」を発見する。さらにその設計図には、これまでプレーしてきたコースをさらに難しくするラウンド法が隠されていた。五十嵐は別の島に移り住んだ設計者「クタさん」に会いに行こうととんぼを誘う。クタさんとはどんな人物なのか……。
【第6巻】
とんぼが住む火乃島のコースを設計した「クタさん」なる人物に会うため、同じトカラ列島の悪礫島を訪れたとんぼと五十嵐。世俗を離れ、ひとり山奥で暮らすクタさんは以外にも人当たりの良いしゃべり好きの爺さんだった。2人はさっそく、クタさんが悪礫島に造ったたった1ホールのコースを回らせてもらうことに。しかしそこは、景観の美しさとは裏腹に、攻略が難しいモンスターホールだった!
【第7巻】“トカラ編”いよいよ感動の最終巻!
悪礫島から戻ったとんぼは、クタさんとの語らいの中から「いろんな世界を見てみたい」という思いが芽生える。これからの人生について悩み、ついに中学を卒業したら島を出る決心をするのだった。その想いを知った島の住民たちは驚き、周囲に“影響”も及ぼすが、「とんぼは『島の子供』」との意識から、温かく送り出すことに。五十嵐も本土での生活基盤を整えるべく奔走。ついに旅立ちの日がやってくる……。
【第8巻】新章“熊本編”がスタート!
長年育ったトカラの島を出て、熊本にやって来たとんぼ。見るものほとんど全てが“未知との遭遇”で大いに戸惑う。連れてこられたのは、五十嵐が土下座までして身元引き受けを頼んだゴルフ練習場だった。その社長とインストラクターの息子はジュニア育成にも尽力しているが、練習場での練習どころかドライバーを打つのさえ初めてで四苦八苦するとんぼに、一抹の不安を覚える。しかし次の日、その不安は驚きに変わることに……。
【第9巻】初めてのラウンド!九州女子選手権出場へ
練習場のジュニア生と共に、コースでラウンドすることになったとんぼ。生涯初ラウンドであったが、故郷のトカラ列島で培った自由奔放なゴルフで攻略していく。とんぼの潜在能力の高さに驚愕したコーチのハジメは、とんぼを九州女子選手権へ挑戦させることを決意。しかし、そこには大きな関門が。新しい高校生活も始まり、とんぼの日常が目まぐるしく変化していく......。
【第10巻】九州女子選手権のライバルは“おばちゃん”!?
無事、九州女子選手権への出場権を手に入れたとんぼ。クラブも5本から7本に増え、いよいよ準備が整った。そして迎えた大会初日。久々に会った“親友”の安谷屋つぶらは、再会を喜びつつも、とんぼの実力に驚異を覚え、気を引き締める。参加選手がとんぼたちと同世代が多くを占めるなか、とんぼと同組になったのは「島さん」という謎のおばちゃん。小学生の息子を持つこの主婦ゴルファーが、近年競技に出場し続けているのだという。その理由とはなんなのか?もしかして相当の実力者? さらに気になるとんぼのスコアは? 緊張の第1打、ついにティオフ!
【第11巻】“第3のライバル”とともに四つ巴の戦い!
「九州女子選手権」に出場したとんぼ。島にいたときと変わらない自由奔放なゴルフを展開し、初日を終わってみれば、トータル「67」の5アンダーで単独トップに立っていた。これまで一度もその名を聞いたことのない伏兵の登場に、会場は驚きに満ち溢れる。そして迎えた2日目、同じく初日好成績で上位にいる盟友・安谷屋円(つぶら)、音羽ひのきとともに同組になったのは、謎の黒づくめハーフ美女・栗須エマだった。彼女も“伝説”の実力者で、壮絶な過去を抱えながら復活優勝を狙っていた。互いの意地がぶつかるラウンドは、1番ホールから白熱の展開に!
【第12巻】九州女子アマ、いよいよ最終ラウンドへ!
「九州女子選手権」で初日トップに立ったとんぼは2日目、世界ジュニア覇者の栗須エマ、日本ジュニア覇者で“盟友”の安谷屋つぶら、そして九州ジュニア覇者の音羽ひのき、錚々たるメンバーでの同組対決となり、互いの意地がぶつかり合う白熱の展開に。すると序盤のホールでひのきに“事件”が起きる。父親から常に「1番」になること強いられているひのきは、心の中の“悪魔”に魅入られてミスを犯してしまうのだった。そのことが最終日、優勝争いまでもつれた4人の戦いに大きく陰を落とすことに……。次第に強まる風の影響でプレーが困難を極める中、どんぼはいかに戦い抜くのか!?
【第13巻】九州女子アマ、4人全員が大ピンチ!?
「九州女子選手権」最終日は、残りホールが少なくなる中、首位に立っている音羽ひのきを、とんぼ、安谷屋つぶら、栗須エマの3人が追う展開が続く。しかしとんぼ以外の3人は同じ組でラウンドするだけに互いをけん制しあって徐々にスコアを落としていき、一方のとんぼは、相変わらず奔放なプレーを続けて次々とスコアを伸ばし、3人に肉薄していく。すると、その状況を意識したとんぼに、「島の皆のためにも優勝したい」という気持ちが芽生え、本人も予期せぬプレッシャーがかかってきてしまう。ついには4人それぞれが心を乱し、ミスになってピンチが訪れるのだった……。
【第14巻】4つ巴の激闘、ついに決着!
音羽ひのき、安谷屋つぶら、栗須エマの3人が最終組で激しい首位争いを展開してきた「九州女子選手権」最終日。台風並みの強風と互いを意識する中で3人が軒並みスコアを崩し、ついに後半14番でエマが逆転で単独首位に立つ。そんな中、ひとつ前の組でのびのびとプレーしスコアの伸ばしたとんぼも3人の争いに割って入ることに。左足のケガが痛んでスウィングさえままならず抜け出せないエマに対して、どうしても勝ちたいひのきとつぶらが執念のプレーで食らいつき、とんぼもさらに「勝ちたい」という強い意識を前面に押し出す。すると、最終盤までもつれた優勝争いは、意外な結末を迎えるのだった……。
  
【第15巻】舞台は再びトカラへ。ひのきとともに
最後の最後まで音羽ひのき、安谷屋つぶら、栗須エマ、そしてとんぼの4人の激闘となった九州女子選手権は、誰もが予期せぬ驚愕の結果に終わった。そんな余韻が冷めやらぬ中、五十嵐は、とんぼと“盟友”となったひのきを誘い、トカラに向かう。そこでひのきは、とんぼの自由奔放なゴルフを育んだ驚きのルーツを目の当たりにすることに。自然と戦いながらも楽しんでプレーするゴルフ、島の人々の温かさにも触れ、ひのきがこれまで抱えてきた心の中の“闇”は、少しずつ晴れていくのだった。一方、島の人々は久々に会ったとんぼの成長に目をみはり、褒め称えるが、なぜかゴンじいだけは寂しそうで……。
  
【第16巻】えっ、とんぼがプロの試合に出場!?
ひのきと過ごしたトカラの思い出を胸に熊本に戻ったとんぼを待っていたのは、たった7本のクラブで九州女子選手権を制したとんぼに対するマスコミからの取材の嵐だった。しかも、上から目線で物を言うことでプロにも疎まれているゴルフ専門誌の記者・添嶋から、ふだんは意識していなかったスウィングの細かい部分を詰問され、改めて自分は“変わったスウィングをしている”のだと意識させられる。そんな中、世話になっている練習場の娘でプロの有働二子女が出場する試合の観戦にでかけたところ、驚きの展開が……。本編のほか、特別企画として「とんぼ」を愛読する女子プロ・成田美寿々のインタビューも掲載しています。
  
【第17巻】とんぼがまさかのスランプに!?
九州女子選手権に優勝後、殺到したゴルフ記者から自分のスウィングについて説明を求められたことで、スウィングの形を気にするようになってしまったとんぼ。今まで意識してこなかったことを意識することで、次第に頭がこんがらかり、釣りで言う“おまつり”状態に陥る。プレーもままならず、スコアが出なくなった。そんななか、とんぼにクラブのモニターを依頼するメーカーが現れ、最新のフルセットが提供される。これまでとは全く異なる“現代の”クラブは、飛びや易しさが段違い。しかし、とんぼの戸惑いはさらに増してしまう。この“スランプ状態”から抜け出せるのだろうか……。
  
【第18巻】いよいよとんぼが日本女子アマに挑む!
九州女子選手権優勝後、スランプに陥ったとんぼだったが、トカラから熊本に戻った五十嵐の指導で“自分のゴルフ”を取り戻す。そして新たなクラブも手に入れ、とんぼと五十嵐はいよいよ日本女子アマの舞台・奈良に乗り込む。会場には全国から強豪たちが集結、九州女子で覇を競った盟友・安谷屋つぶらとも再会を果たす。しかし選手たちは皆ライバル。九州を制したとんぼも当然、多くの選手からライバルとして注目されることになった。そんなライバルの中には、宿泊先となった寺の身内である「鳴寂」も含まれていた。果たして日本一を争う戦いはどんな展開に!?
  
【第19巻】とんぼvs鳴寂、直接対決のゆくえは!?
いよいよ幕を開けた、アマチュアNo.1を決める大会「日本女子アマ」。初日、同組になったのは、とんぼが宿泊している寺の小僧・鳴寂だった。ゴルフの師でもある和尚の光琳から「強く叩く」ことを教え込まれた鳴寂は、生来の気の強さも相まって極端なパワーゴルフを展開、ラッキーも味方につけて、コースをねじ伏せるかのようなプレーを見せる。とんぼは、そんな鳴寂に圧倒されて本来の奔放なプレーができず、ずるずるとスコアを落としていくのだった。しかしラウンド後半、ふとしたきっかけから徐々に自分のゴルフを取り戻していく。

著者プロフィール

(作)かわさき健(かわさき・けん)

1967年、東京都生まれ。高校卒業後研修生となり、プロテスト合格を目指す。プロを断念後、実の父である漫画家・川崎のぼるの元で漫画原作を学ぶ。研修生経験を活かしたゴルフ漫画原作の評価は極めて高い。

(画)古沢 優(ふるさわ・ゆう)

1960年、埼玉県生まれ。会社員など経て1983年に自動車雑誌「ヤングオート」掲載の「たいまんぶるうす」でビュー後、青年誌を中心に活躍。サッカー、浦和レッズの熱狂的サポーターとしても知られ、それが高じて浦和レッズの漫画も執筆中。

詳細情報

タイトル/オーイ!とんぼ
著者/かわさき健・作 古沢 優・画
定価(1部)/600円(税抜)

■送料:600円(税込)
※代金引換でご注文の場合は別途、代引手数料324円(税込)をご負担ください。
※複数商品ご注文の場合の送料についてはコチラをご参照ください。

ネット書店のご案内

ゴルフダイジェストの書籍はamazon、楽天ブックス、hontoなどの各ネット書店でもご購入できます ⇒こちら

最近チェックした商品

あなたにおすすめの商品